久々のBO考察

たまにはBOの考察でも書いてみますか。

まず最近BMOの主流戦法にもなってきた火力把握。

ハドキンのころはほとんどする人はみかけませんでしたがBMOでは使い手がだいぶ増えましたね。

まぁとりあえず火力の話題はおいといてシングルの中盤はどう動くかについて。


爆弾を全く置かずにすみでこそこそしてる人。積極的に攻める人。無難にカウンターを狙う人。

中盤生き残るにはどうしたらいいんでしょうかね?

自分はある考えを持っています。


人が減るのを待つのではなく、自分から減らせばいい!

しかし中盤攻めながら生き残るのはかなりの至難の業です。

では他人を減らし、なおかつ自分が生き残るにはどうすればいいか?

難しいですね。特に視野が狭く把握がない自分にはきついですね。

そこで自分が普段とってる行動は・・・・。

高い火力でギリ置き。

意外と視野が狭い人はあっさりしんでくれる。

火力が高いと中盤の殺傷能力が高いというのも事実だと思います。

実際火力が小さめで中盤他のプレイヤーをたおすのは接近しないとだめですね。

自分はまだ火力把握初心者なんでそんな芸当はできません。

しかし、タイマンだと火力把握は守備、意外性のある攻撃とかなり使い道はあると思います。

ということでここで中盤の結論。

人が減るのを待つのではなく、自分から減らそう!



ところでギリ置き最近うまい人増えてきましたね。

自分もたまにうまいって言われるんですが、自分のギリ置きは全然万能ではありません。

先日○ーらさんに見事に自分のギリ置きの核とも言うべき部分を言い当てられたんで、そこさえ注意すれば俺のギリ置きなんて全く怖くないはず。

それは何かは言いませんけどね( ^ω^)

ではどうやってギリ置きを把握するか?

うまい人のほとんどはたぶん爆弾のふくらみで把握してるでしょう。

経験が多い人は感覚でわかる人もいるでしょう。

ちなみに自分はどちらでもありません。

あんまりいないと思うんですが。

「歩数」で見極めてます。

しかしこの把握の仕方は危険すぎる。

ギリ置きのために随時動かなきゃならない。

よってとまれないことが多い。

でもBMOになれすぎると本家で把握にぶるかもしれない。

まぁハドキンの夏に復活なんてあてにしてないですけどね(´・∀・`)


では、次回のBO考察は2年後で!
[PR]
by dirpiero | 2008-03-28 13:44 | BO
<< 俺が爆弾を捨てた日 大阪にて >>